2024年6月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

PC版ARK:Survival Evolvedの必要スペックとおすすめ推奨ゲーミングPC

当ページには広告が含まれています。

恐竜と戦ったり、時にはペットにして一緒に冒険したりできるオープンワールドサバイバルゲームARK:Survival Evolved。2022年6月には、非常に完成度の高い新マップ「Fjordur」がリリース。

2023年には、アンリアルエンジン5によってフルリメイクされた「ARK: Survival Ascended」のアーリーアクセスが始まりました。

ARKはほかのゲームと比べてやや重たいゲームなので、どれくらいのスペックがあれば快適にプレイできるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、実際にARKをプレイしている筆者がARKに必要なスペックやおすすめのPCを紹介していきます。

2024年6月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45-5 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 194,980円(税込) 170,980円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-14400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

PC版ARKの必要・推奨スペック

ARK:Survival Evolved必要環境

パーツ必要スペック
OSWindows 7/8/10
CPUintel Core i5-2400
AMD FX-8320
グラボ8GB RAM
メモリ容量NVIDIA Geforce GTX 670 2GB
AMD Radeon HD 7870 2GB
ストレージ容量60GB

これはARK:Survival EvolvedのSteam公式ページで公開している必要環境です。最低限このスペックのPCであればゲームは起動可能であることを保証しています。

しかし、実際にこのスペックのゲーミングPCでARKをプレイするのはおすすめしません。

あくまで最低限のスペックであるため、ペットの恐竜が増えるとカクつく可能性が非常に高く、グラフィック高画質設定ではとてもじゃありませんがプレイできません。

さらに、この必要環境はARKリリース当初の設定です。度重なるアップデートにより要求ストレージ容量が150GB以上に増えているため、現在ではこの必要環境ではプレイ不可能となっています。

ARK: Survival Ascended必要環境

パーツ必要スペック
OSWindows 10/11
CPUIntel Core i7-6800K
AMD Ryzen 5 2600X
メモリ容量16GB RAM
グラボNVIDIA GeForce 1080
AMD Radeon RX 5600 XT
ストレージ容量70GB

Survival Evolvedと同様、これはゲームを起動するのに最低限必要なスペックです。このスペックでは低画質設定にしても、カクついたり途中でクラッシュしてしまう可能性があります。

このスペックに満たない、もしくはギリギリの場合、ゲーミングPCの買い替えを検討する必要があります。

ARK:Survival Evolved推奨環境

パーツ推奨スペック
OSWindows 7/8/10
CPUintel Core i5-12400
グラボ16GB RAM
メモリ容量NVIDIA Geforce GTX 1660 SUPER
ストレージ容量250GB以上

これはARKを快適にプレイするための推奨スペックとなります。このスペックならPC版ならではのMODを入れて遊びたい人でも問題ありません

ストレージは250GB以上必要です。筆者は初心者向けの初期マップ「Island」と最新マップである「Fjordur」を主にプレイしていますが、この2つの無料マップだけで250GB近くストレージ容量を消費しています。

DLCの「GENESIS」などをプレイしたい人は最低限250GB以上のストレージを選びましょう。

ARK: Survival Ascended 推奨環境

パーツ必要スペック
OSWindows 10/11
CPUIntel i5-10600K
AMD Ryzen 5 3600X
メモリ容量32GB RAM
グラボNVIDIA GeForce RTX 3080
AMD Radeon RX 6800
ストレージ容量70GB

最近リリースされたタイトルのなかでも、ずば抜けて高い推奨スペックです。RTX 3080は30シリーズの最上位に近いモデルで、RTX 4070に近いスペックです。また、32GBメモリを搭載しているゲーミングPCもそう多くありません。

現在はアーリーアクセスの段階なので、アップデートを経て最適化されていく可能性は高いです。

しかし、ある程度安定した環境でのプレイにはSurvival Evolvedの配信・サーバー向けスペックを超えるゲーミングPCが必要になると考えて良さそうです。

配信・サーバーとして使いたい向け ARK:Survival Evolved推奨環境

パーツ推奨スペック
OSWindows 7/8/10
CPUintel Core i7-12700
グラボ16GB RAM以上
メモリ容量NVIDIA Geforce RTX 3060 Ti
ストレージ容量500GB以上

これはARKのゲーム配信をしたい人や、サーバーを立てて友達と一緒に遊びたい人向けの推奨スペックです。

余裕があればメモリは32GB以上にアップデートしましょう。配信・サーバー用のゲーミングPCはメモリが多いほど安定した動作が見込めるためです。

DLCを導入するのであれば、ストレージも1TBに増やしたほうが安心です。

特にサーバーとして運用しつつ、そのゲーミングPCでARKをプレイしたい人はCPU、グラボはできるだけハイスペックなものを選びましょう。

PC版ARKのゲーミングPCおすすめモデル|デスクトップパソコン

快適プレイ・配信用|ドスパラ GALLERIA XA7C-R46T 第14世代Core搭載

ドスパラ ガレリア XA7C-R36T

性能を重視する人向けのゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
グラフィックチップNvidia RTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 高fps・高画質でプレイ可能
  • 優れた機能性
こんな人にはおすすめしない
  • 小型のゲーミングPCがほしい人

intel最新14世代CPU「Core i7-14700F」にミドルハイクラスGPU「RTX 4060 Ti 8GB」、メモリ16GBを搭載したコスパの高いArkにおすすめなゲーミングPC。

PCケースのコンソールパネルには、斜め45度の傾斜が設けられているため、机の上下どちらに置いても使いやすい工夫がされています。

ストレージ容量は1TBと、ARKをインストールかつ配信動画を保存する余裕もあります。

快適プレイ・配信用|ドスパラ GALLERIA  ZA7C-R48S 第14世代Core搭載

ドスパラ ガレリア XA7C-R36T

スペックに妥協しない人向けのゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700KF
グラフィックチップNvidia RTX 4080 SUPER
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源1000W
OSWindows
おすすめする理由
  • 高fps・高画質でプレイ可能
  • 大容量ストレージ搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 20万円以下のゲーミングPCがほしい人

intel最新世代CPU「Core i7-14700KF」に最新GPU「RTX 4080 SUPER」を搭載した、ハイクラスゲーミングPCです。

メモリ32GBとSSD 1TBの大容量ストレージも搭載されており、配信も余裕でこなせるスペックを持っています。

フルリメイク版の「ARK: Survival Ascended」の推奨スペックも余裕でクリアしている、ハイクラスなゲーミングPCです。

最低限|ドスパラ GALLERIA RM5C-R35 第14世代Core搭載

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

Arkを低価格でプレイするならコレ!安くても快適に遊べるモデル

おすすめ度:3.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-14400F
グラフィックチップRTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源500W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最新のIntelCPUを搭載
  • フルHDなら平均100fpsでプレイ可能
こんな人にはおすすめしない
  • 4Kでプレイしたい人

Intel最新14世代CPU「Core i5-14400F」にエントリークラスGPUの「RTX 3050」。メモリ16GBを搭載した、エントリーモデルのARKにおすすめなゲーミングPCとなっています。

シーンによって上下しますが、1080pかつグラフィック高設定で平均100fps、1440pミディアム設定で70fps以上出せます。

ストレージ容量は500GBなので問題なくプレイ可能です。

サーバー用|ドスパラ GALLERIA XA7C-R47TS

ドスパラ ガレリア UA9C-R37T

ARKを徹底的に遊び尽くすならこのゲーミングPC!

おすすめ度:5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-14700F
グラフィックチップNvidia RTX 4070Ti SUPER
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最高画質でも滑らかな映像が楽しめる
  • 大容量のストレージ
  • 動画編集・配信なども快適
こんな人にはおすすめしない
  • 予算20万円以下の人

第14世代CPU「Core i9-14700F」に最新モデルのハイクラスGPU「RTX 4070Ti SUPER」を搭載したハイスペックなゲーミングPCです。

シーンによって上下しますが、1440pかつグラフィックエピック設定でも平均60fps以上。ARKリマスターのMOD環境下でも低画質設定で60fpsを維持できます。

メモリ32GBにくわえて1TBの高速NVMeSSDを搭載しており、ストレージ容量も充分。

リマスター版への移行を考えている方にもおすすめのモデルです。

PC版ARKのゲーミングPCおすすめモデル|ノートパソコン

Dell G15 Special Edition ゲーミングノート

軽量コンパクトで持ち運びやすいゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13650H
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/165Hz
本体サイズ幅357.3×奥行き272.11×高さ26.9mm
重量約2.51kg
OSWindows
おすすめする理由
  • ARKだけでなくFPSゲームにも向いている
  • 長時間連続駆動
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

第13世代CPU「Core i7-13650H」とミドルクラスGPU「RTX 4060」を搭載したゲーミングノートPCです。

ディスプレイはフルHDかつリフレッシュレート165Hz対応なためFPSもプレイしたい人は要チェック。

ARKをプレイしたい、それに加えてApexやVALORANTなどで他の人よりも有利に戦いたい人におすすめです。

ドスパラ GALLERIA XL7C-R46H-6

バランスの良いパーツ構成!RTX 4060搭載モデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700H
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行247×高さ20.0mm
重量約2.15kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 165Hzの高リフレッシュレート対応
  • コスパの良い構成
こんな人にはおすすめしない
  • 予算15万円以下の人

第13世代CPU「Core i7-13700H」とミドルクラスGPU「RTX 4060 」を搭載したノートPCです。

ディスプレイはフルHDかつリフレッシュレート165Hzに対応しているため、FPSゲームにも向いています。

最薄部2.0cm、重量が2.15kgと快適に普段使いもできるようになっています。コスパの良い構成で安定したゲームプレイをしたい方におすすめのモデルです。

ASUS ROG Strix G16 G614JZR

14インチと小型なのに高性能!RTX 4080を搭載したハイスペックモデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-14900HX
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz16.0インチ/240Hz
本体サイズ
  • 幅354mm
  • 奥行264mm
  • 高さ22.6~31mm
重量約2.5kg
OSWindows
おすすめする理由
  • RTX 4080搭載の高性能モデル
  • 240Hzの高速ディスプレイを採用
  • デザインがオシャレ
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

IntelのCPU「Core i9-14900HX」を搭載したASUSのハイスペックなゲーミングノートPCです。

ディスプレイサイズは16インチと臨場感たっぷりのサイズ感で、最新のハイスペックGPU「RTX 4080」を搭載。

Apex Legendsなら平均200fps以上の高いフレームレートが出るため、デスクトップPC並の性能があります。

大容量ストレージを採用しているので、クリエイター用途にも向いているモデルです。

PC版ARKのスペックでよくある質問

PC版ARKの容量は?

PC版ARKの必要容量は、初心者向け初期マップ「Island」のみでも150GB最新マップ「Fjordur」をインストールすると250GB以上必要になります。

ARKはマップ固有の超有能生物を他マップに連れていくことができます。複数マップをプレイできるようにストレージはできるだけ大きいものを用意しましょう。

ASAの必要容量は70GBとなっていますが、アプデやマップ追加で必要な容量が増加する可能性もあります。こちらも余裕を持ったストレージを用意することをおすすめします。

ARKはグラボなしで遊べる?

ARKはグラボなしでは遊べません

最低限必要なスペックはNVIDIA Geforce GTX 670 2GBとなっています。きれいなグラフィックもARKの良さの1つ、推奨はGTX 1660 SUPER以上のグラボです。

ARKのPC版は無料?

ARKのPC版は残念ながら有料です。

しかし、ARK 2の開発が進むなか、無印ARKがSteamで無料で配布されたことがあります。Steamの大型セールの度にARKも安くなっているため忘れずにウィッシュリストに入れておきましょう。

ARKは低スペックなゲーミングPCでもプレイできる?

2022年現在の低スペックグラボを基準にするなら、解像度のスケールを80%程度にするなど、設定を落とせばプレイ自体はできます。

ただ、ARK公式が発表している必須環境クラスの低スペックなゲーミングPCでは、ほぼ不可能です。

アップデートにより必要スペックも上がるので、ARKを快適にプレイするなら、GTX 1660 SUPER以上のグラボが必要になります。

また、ARKはCPU使用率も高いので、グラボだけ交換するのではなく、CPUもCore i5-13400などゲーム性能が高いモデルを選びましょう。

ARKはクロスプレイに対応している?

ARK:Survival Evolved……PC版とPS4版が発売されていますが、クロスプレイには対応していないので、異なるコンソールの人とは一緒に遊ぶことができません。

ARK:Survival Ascended……PC版・PS5版・XBOX版が発売されており、クロスプレイに対応しています。各コンソール版の固有サーバーも設置されています。

MODを導入する場合のスペックは?

MODとは改造・変更を意味するmodificationの短縮形で、プレイヤーや恐竜の見た目を変えたり、アイテムを追加するなどゲームを改造する仕組みです。

PC版でのみ利用可能でSteamワークショップには、プレイヤーが作成した多数のMODが公開されています。導入は自己責任ですが、ゲームの自由度を高めプレイスタイルの幅が広がるさまざまなMODはPCでゲームをプレイする醍醐味ともいえるでしょう。

種類にもよりますが、MODを大量に導入すると要求スペックはかなり高くなります。快適プレイ・配信用に適したモデルを参考に選ぶことをおすすめします。

低スペックなゲーミングPCでARKをプレイする場合の設定は?

スペックが低いゲーミングPCでプレイする場合、グラフィック設定を調整することで多少プレイしやすくなります。具体的には、以下の項目を調整すると良いでしょう。

  • グラフィック品質
  • 解像度スケール
  • 視野距離
  • 影品質
  • テクスチャ

グラフィックの描画を落とすことでプレイしやすくはなりますが、ARKは雄大な自然やリアルな恐竜のグラフィックも魅力のひとつです。

ゲームを最大限楽しむためにも、ある程度のスペックを備えたゲーミングPCの購入を検討することをおすすめします。

ARK: Survival Ascendedの必要スペックは?

ARK: Survival AscendedとはARK: Survival Evolvedのリマスタータイトルです。

基本的な内容は現行のARKと同じですが、ゲームエンジンUnreal Engine 5.2を使用することでより美しいグラフィックを楽しむことができます。

現在、発表されているスペックはご紹介したとおりですが要求されている水準が非常に高く、ミドルハイ~ハイクラスのゲーミングPCが必要です。

ARKはfps制限の設定はできる?

ARKにはフレームレート制限をオプションで設定することができません。そのままでプレイすると際限なくfpsを引き出そうとするので、マシンに相当の負荷がかかってしまいます。

安定したゲームプレイのためにも、コンソールやiniファイルを編集してfps上限を60に設定しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

監修者

たぶーらのアバター たぶーら 運営者

ゲーミングPCやゲーミングデバイスのレビューを専門とする『だらメモろぐ』運営者。ApexなどのFPSゲームが好きなゲーマーでもあります。2018年からライターとして活動を開始し、2020年からは大手メディアのライターに転職。執筆で生活しています。
『プロフィールはこちら』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次