2024年6月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

マイクラPC版の推奨スペックは?MOD入りでも快適に遊べるおすすめのゲーミングPC紹介

当ページには広告が含まれています。

マイクラは2011年に発売されたサンドボックスゲームの代表作であり、世界で最も売れたゲーム。

SwitchやPS4などのコンシューマー機でも発売されていますが、快適にプレイするならPC版がおすすめです。

しかし、マイクラは何を目的にしてプレイするかで必要なスペックが変わります。マイクラは軽いゲームですが、MODを導入するならばゲーミングPCが必要です。

本記事ではマイクラに影MODを導入しても快適なゲーミングPCや、カジュアルに楽しむための安いノートパソコンなどを紹介していきます。

2024年6月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45-5 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 194,980円(税込) 170,980円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-14400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

マイクラのJava版と統合版の違いとは?選ぶなら何版がいい?

マイクラにはJava版と統合版(BE版)があり、仕様にいくつか違いがあります。

項目Java版統合版
クロスプレイ
MODの導入
スキンの作成
サーバーを持つ
実績(トロフィー)
レイトレーシング
MINECRAFT公式より引用

ほかにも違いはありますが、MODを導入できるかどうかが一番大きいです。

厳密には統合版にもMODに近いアドオンはあります。公式の認可を受けているため、安全性が高いのがメリットです。

ただ、MODとワールドデータを組み合わせた世界テンプレートとしての配布が主になっているので、自由にカスタマイズするのは難しくなっています。

また、統合版のマイクラは自動更新されるため、バージョンアップでMODが上手く機能しなくなる可能性も。

SwitchやPS4とのクロスプレイをしたい方は統合版。マイクラを深くやりこみたい方は、カスタマイズの自由度が高いJava版をプレイするのがおすすめです。

PC版のマイクラなら、現在はJava版と統合版の両方をプレイできるようになっています。

マイクラPC版の推奨スペック

公式から発表されているマイクラの推奨スペックは以下の通りです。

マイクラはバニラ(MODなし)だと軽く、最小スペックはあまり参考にならないため省略しています。

パーツJava版の推奨スペック統合版の推奨スペック
CPUIntel Core i5-4690 3.5 GHz
AMD A10-7800 APU 3.5 GHz
Apple M1
Intel Core i7-6500U
AMD A8-6600K
グラボOpenGL 4.45対応 NVIDIA GeForce 700シリーズ
AMD Radeon RX 200シリーズ(統合チップセットを除く)
NVIDIA GeForce 940M
AMD Radeon HD 8570D
メモリ容量4GB RAM8GB RAM
OS64ビットのWindows10以上
または、macOS 10.14.5 Mojave 以上
Windows 10 バージョン 19041.0 以降
MINECRAFT公式より引用

推奨スペックであっても、マイクラはゲーミングPCなら簡単に要件を満たせるほど軽いです。

例えば、Java版の推奨スペックに記載されているGeForce 700シリーズは2013年に発売された10年前のグラボ。

ハイクラスのGTX 780でも、現在のエントリークラスであるGTX 1650よりも性能が低いです。マイクラをバニラで遊ぶだけなら、安いゲーミングPCでも快適にプレイできます。

ただし、マイクラは描画距離の設定や建造物の増加など、こだわってやりこむほどに重くなるゲームです。

特にJava版のマイクラはMODを入れるとゲーミングPCにかかる負荷も高くなるため、公式の推奨スペックは参考までにとどめましょう。

マイクラPC版で要求されるスペックは影MODなどを入れるかどうかで変わる

マイクラを遊ぶためのゲーミングPCを選ぶ時に、注意しなければならないのは影MODを導入するかどうかです。

マイクラのグラフィックをより強化するのが影MOD。水や影の表現などが大きく変わり、違うゲームのような映像でプレイできるようになります。

ただ、影MODを導入すると描画が重くなって、フレームレートが下がるのがデメリットです。描画距離にもよりますが30fpsほどフレームレートが低下することもあります。

マイクラをバニラで遊ぶならGTX 1650を搭載した安いゲーミングPCでも十分ですが、影MODを常用するなら、RTX 4060 Ti(RTX 3060 Ti)以上のグラボを搭載したモデルがおすすめ。

メモリは16GBあればいいですが、MODを複数入れるなら32GBにして余裕をもたせるのもありです。

PC版マイクラ向けのゲーミングPCおすすめ|デスクトップ

ドスパラ ガレリア RM5R-G60S

ドスパラ ガレリア RM5R-G60S

マイクラのライセンス付き!GTX 1660 SUPER搭載のコスパモデル

3.5

CPUメーカーAMD
CPURyzem 5 4500
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • 非常に安い
  • 影MODを入れても快適
  • マイクラのライセンスが付属する
こんな人にはおすすめしない
  • IntelのCPU搭載モデルが欲しい人

RM5R-G60SはAMDのCPU「Ryzen 5 4500」を搭載したドスパラのゲーミングPC。

グラボにはコスパのいい「GTX 1660 SUPER」を採用しており、マイクラに影MOD(BSL Shaders)を導入するだけであれば、描画距離を調整すれば快適にプレイ可能です。

ゲーミングPCとしては安いモデルですが、マイクラPC版のライセンスが付属するのもポイント。ただし、付属するライセンスは180日以内に有効化しないと失われるので注意してください。

フルHDの低画質設定なら多くのゲームを快適にプレイできる、安いながらコスパのいいモデルです。

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

影MODを常用するならコレ!フルHDに適した性能のゲーミングPC

おすすめ度:4

CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラボRTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • CPUとグラボのバランスがいい
  • 影MODを常用しても快適
  • フルHDならほとんどのゲームが遊べる
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

影MODや複数のMODを入れてもマイクラを安定してプレイしたいという方におすすめなのがRM5C-R46T。

CPUにIntelの「Core i5-13400F」、グラボにはフルHDに適した性能を持つ「RTX 4060 Ti」を搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCです。

影MODを常用したり、描画距離を伸ばすとマイクラは一気に重くなりますが、RTX 4060 Tiの性能なら快適にプレイできます。

また、フルHD環境ならほとんどのゲームで高いフレームレートを出せるのもポイント。

マイクラだけではなく、ほかのゲームも遊びたいという方におすすめのゲーミングPCです。

ドスパラ ガレリア XA7C-R47T

ドスパラ ガレリア XA7C-R47T

4Kでのプレイも可能!マイクラをMOD盛り盛りで遊びたい人向けのハイスペックモデル

4

CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源750W
OSWindows
おすすめする理由
  • 4Kでのプレイも視野に入る性能
  • ほかのゲームも高画質でプレイできる
  • 配信も可能
こんな人にはおすすめしない
  • 高解像度に興味のない人

XA7C-R47Tは性能と消費電力のバランスに優れているグラボ「RTX 4070 Ti」を搭載したハイスペックなゲーミングPCです。

RTX 4070 TiはフルHDやWQHDなら、前世代のハイエンドグラボであるRTX 3090を上回る性能を持っており、4Kでのプレイも視野に入ります。

また、CPUには「Core i7-13700F」を採用しているため、配信や動画編集も可能。配信をする場合はメモリを32GBにカスタマイズするのがおすすめです。

複数のMODを導入し、巨大建築に挑戦したいなど徹底的にマイクラを楽しみたい方におすすめのハイスペックなゲーミングPCになっています。

PC版マイクラ向けのゲーミングPCおすすめ|ノート

ドスパラ ガレリア RL5R-G165

ドスパラ ガレリア RL5R-G165

シンプルなデザインで普段使いにもおすすめな安いノートパソコン

おすすめ度:3.5

タイプノート
CPURyzen 5 6600H
GPUGTX 1650
メモリ16GB
SSD500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/144Hz
本体サイズ
  • 幅360mm
  • 奥行244mm
  • 高さ22mm
重量約2.1kg
おすすめする理由
  • 非常に安い
  • 144Hzのディスプレイを採用
  • バニラならマイクラを快適に遊べる
  • マイクラのライセンス同梱
こんな人にはおすすめしない
  • MODを入れたい人

RL5R-G165はドスパラの安いノートパソコン。ガレリアのゲーミングノートPCでは最安価のモデルです。

AMDのCPU「Ryzen 5 6600H」と「GTX 1650」を組み合わせており、バニラのマイクラなら快適にプレイできます。

また、安いノートパソコンながらディスプレイは144Hzの高いリフレッシュレートに対応。ゲーミングモニターを別に用意する必要もありません。

マイクラのJava版と統合版のライセンスが付属するのもポイント。MOD導入には向かないので、より軽い統合版のマイクラでプレイするのもありです。

MODは必要ないので、カジュアルにマイクラを楽しみたいという方におすすめします。

ドスパラ ガレリア XL7C-R46

ドスパラ ガレリア XL7C-R46

影MODを入れても快適にマイクラをプレイできるゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUCore i7-13700H
GPURTX 4060
メモリ16GB
SSD500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/144Hz
本体サイズ
  • 幅360mm
  • 奥行245mm
  • 高さ20mm
重量約2.2kg
おすすめする理由
  • RTX 4060を搭載
  • 影MODを入れても快適
  • フルHDならほかのゲームもプレイできる
こんな人にはおすすめしない
  • 注文時にカスタマイズしたい人

ノートパソコンで影MODを入れてマイクラをプレイしたい方におすすめなのがXL7C-R46。

GPUには最新の「RTX 4060」を採用しており、影MODを導入してもマイクラを遊べる性能があります。

また、フルHDであればほかのゲームもプレイ可能。Apex LegendsのフルHD・低画質設定ならシーンによっては200fps以上のフレームレートを出せます。

キーボードにはテンキーが搭載され、デザインもシンプルなので普段使いしやすいのもポイント。

高速通信規格のWi-Fi6Eに対応しているため、外出先や旅行でも快適にゲームをプレイしたい方にもおすすめのゲーミングノートPCです。

ドスパラ ガレリア UL9C-R49

ドスパラ ガレリア UL9C-R49

デスクトップ並みの性能を持ったガレリア最強のノートパソコン

おすすめ度:4

タイプノート
CPUCore i9-13900HX
GPURTX 4090
メモリ32GB
SSD1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/240Hz
本体サイズ
  • 幅402mm
  • 奥行281mm
  • 高さ24.7~29.7mm
重量約3.4kg
おすすめする理由
  • WQHD・240Hzの高性能ディスプレイ
  • デスクトップ並のゲーム性能
  • メモリが32GBと大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 持ち運びやすいノートパソコンが欲しい人
  • マイクラ同梱版が欲しい人

UL9C-R49はドスパラのノートパソコンのなかでも最強スペックを誇るハイエンドモデル。

Intelの第13世代CPU「Core i9-13900HX」とハイエンドGPUの「RTX 4090」を組み合わせており、並のデスクトップPCを超える性能を持っています。

マイクラのMODを複数入れて快適に動作するだけではなく、ほかのゲームも高画質でプレイが可能。FF15のベンチマークでは高精細な4Kでも8,000以上のスコアを出せます。

また、ガレリアのゲーミングノートPCはカスタマイズがほぼできませんが、UL9C-R49はストレージやメモリの増設が可能なのもポイント。

標準構成でも非常にハイスペックなので、マイクラだけではなく配信や動画編集もしたい方におすすめのモデルです。

MacでPC版マイクラは遊べる?

MacでプレイできるPC版マイクラはJava版のみです。マイクラの推奨スペックにもあるとおり、統合版はMacに対応していません。

MacにはGeForceやRadeonのようなGPUは搭載されていませんが、推奨スペックに記載されているApple M1ならマイクラをプレイできます。

ただし、影MODを使うとフレームレートが大きく下がるため、Macでマイクラを遊ぶならバニラのままが無難です。

発熱によるフレームレートの低下もありえるので、マイクラをやりこみたい場合はゲーミングPCを使いましょう。

マイクラPC版でおすすめなMOD

MODは非公式の改造データなので導入は自己責任でおこなってください。
また、MODを導入する時は、ゲームデータのバックアップを取っておきましょう。

Minecraft Forge(前提MOD)

Minecraft ForgeはマイクラにMODを導入するために必要なシステム。前提MODとも呼ばれます。

マイクラに限りませんが、MODは非公式の改造データです。制作者が違うため、競合による不具合を起こす可能性があります。

Minecraft ForgeはMODの干渉を防いだり、導入や制作を補助するシステム。多くのMODはMinecraft Forgeがないと機能しないので、最初に導入するのがおすすめです。

注意点として、Minecraft Forgeには「Latest(最新版)」と「Recommended(安定版)」の2種類があります。

最新版はバグが発生する可能性もあるので、安定版を選ぶのが無難です。

OptiFine(軽量化MOD)

OptiFineはマイクラの動作を軽量化する定番のMODです。Minecraft Forgeがなくとも機能します。

OptiFineは描画距離などの設定をより細かく行えるようになり、環境によってはパフォーマンスが改善され、フレームレートが大きく伸びるMODです。

また、OptiFineは影MODを導入するための前提MODでもあるので、Java版のマイクラを遊ぶなら入れておいて損はありません。

ただし、導入する際はマイクラとバージョンを合わせましょう。

BSL Shaders(影MOD)

BSL Shadersは動作が軽くて人気の影MODです。

影MODは水や影の表現が美しくなる、ブロックの質感が上がるなど、描画が向上する代わりに負荷が大きくなってフレームレートが低下してしまうのがデメリット。

BSL Shadersは影MODのなかでも比較的軽く、フルHD環境ならGTX 1660 SUPERでもマイクラを快適にプレイできます。

また、雲のオンオフなどオプションのカスタマイズ性も高いので、好みにあった設定に調整できるのもメリットです。

ただし、導入にはOptiFineが必要になるので注意しましょう。

よかったらシェアしてね!

監修者

たぶーらのアバター たぶーら 運営者

ゲーミングPCやゲーミングデバイスのレビューを専門とする『だらメモろぐ』運営者。ApexなどのFPSゲームが好きなゲーマーでもあります。2018年からライターとして活動を開始し、2020年からは大手メディアのライターに転職。執筆で生活しています。
『プロフィールはこちら』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次