2024年6月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

【2024年】タルコフの必要最低スペックとゲーミングPCおすすめモデル|Escape from TARKOV

当ページには広告が含まれています。

重厚な世界観が特徴のロシア産FPSゲーム「Escape from Tarkov(タルコフ)」。

リアリティを追求した本作は、コアなファンが多く根強い人気を誇っています。最近流行しているバトルロイヤルとは違うゲームを遊んでみたいと気になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、本作の魅力を存分に味わうためにはそれなりのPCスペックが必要です。

今回は、タルコフを快適にプレイするためのスペックを解説します。また、おすすめのゲーミングPCも合わせて紹介しますので、ぜひご参考ください。

2024年6月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45-5 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 194,980円(税込) 170,980円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-14400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

タルコフの必要最低・推奨スペック

公式サイトに掲載されている必要スペックは情報が古く、現在のアップデートに必ずしも対応している性能ではありません。

タルコフをスムーズにプレイできるスペックではなく、あくまで起動できる程度と考えましょう。

必要最低スペック

必要最低スペックはアップデートによる最適化の影響で変更になる可能性があることに注意してください。

起動は出来ますが、マップの読み込みなどでプレイ中にカクつく恐れがあります。

パーツスペック
CPUIntel Core 2 Duo, i3 2.4GHz以上
または AMD Athlon,Phenom II 2.6 GHz
グラフィックカードDX11に対応したビデオメモリ1GB以上
(GeForce GT 430, Radeon HD 5670相当)
メモリ8GB
SSD/HDD容量19GB以上
OSWindows7/8/10 64bit

推奨スペック

推奨といえど大型マップなどでは、画質設定によりますが短いフリーズが発生する可能性があります。

また、フレームレートが平均60fpsほどしか出ない恐れがあります。

パーツスペック
CPUIntel Core i5,i7 3.2GHz,
または AMD FX,Athlon 3.6GHz
グラフィックカードDX11に対応しビデオメモリ2GB以上
(GeForce GTX 660 Ti, Radeon R9 280相当)
メモリ16GB以上
SSD/HDD容量19GB以上
OSWindows7/8/10 64bit

タルコフのおすすめスペック

タルコフのおすすめスペック

CPUはCore i5シリーズ以上がおすすめ

タルコフを快適にプレイするためには、Core i5シリーズ以上が求められます。

必ずしも最新である必要はありませんが、ボトルネックとなりグラボの性能を出し切れない可能性があるので古い型番は避けるのが無難です。

現在ゲーミングPCで採用されているCPUでは、Intelの場合はCore i5-13400以上、AMDの場合はRyzen 5 7600以上が目安となります。

タルコフは未だβ版(開発中)のゲームです。将来的にアップデートにより大きく変化する可能性があるので、予算にゆとりがある人は、Core i7シリーズかRyzen 7シリーズを購入しておくのがおすすめです。

グラボはRTX 3060 Ti以上

グラボに関しては、RTX 3060 Ti以上が求められます。

推奨スペック的には、コスパがよいと評判のGTX 1660 / GTX 1660 SUPERレベルで問題ありませんが、タルコフの魅力である世界観やFPSゲームを快適に楽しむという点を踏まえると、平均120fpsは欲しいところ。

また、最近ではFPSゲームプレイと同時に配信・実況を行う人が増えているので、興味がある人はハイグレードスペックの購入をおすすめします。

メモリ容量は16GB以上じゃないと足りない

推奨メモリ容量について、人気FPSゲームのAPEXが8GB、PUBGが6GBに対して、タルコフは16GB以上とほかよりも高いのが特徴です。

理由としてはマップが広大であることや、β版(開発中)なので最適化が完了していないことも挙げられます。

最適化が完了すれば、容量引き下げの可能性はありますが、快適にプレイするなら最低でも16GBは用意しておきたいところ。

FPSゲームの醍醐味である友人とのチャット・通話プレイやブラウザでの情報収集・確認しながらのプレイを考えると16GBでも足りない可能性があります。

タルコフを快適に遊びたいという人は、まずはメモリ容量を最優先に検討しましょう。CPUやグラボに比べると安価なので、余裕があれば32GB以上にしておくのがおすすめです。

ストレージ容量は1TB以上

ストレージ容量とは、データを保存するためのSSD/HDDの総称です。

SSDは読み込み速度が高速でPCやゲームの起動速度が早くなりますが、高価という特徴があります。反対にHDDは大容量かつ安価ですが、読み込み速度がSSDに比べて遅いです。

タルコフの必要容量は、19GB以上で一般的なゲーム容量になります。FPSゲームでは読み込みの速度が重要になりますので、可能であれば500GB以上のSSDを搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。

また、最近ではゲーム容量が50GB〜100GBのものもありますので、複数ゲームをプレイする可能性を考えると1TBあると安心できます。

タルコフのゲーミングPCおすすめモデル|デスクトップパソコン

144fps快適プレイ|ドスパラ GALLERIA RM5C-R46T

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

コスパ重視なら間違いなくこれ!

おすすめ度:4

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-14400F
グラフィックチップNvidia RTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • タルコフで144fps狙える性能
  • 高画質設定でも快適に遊べる
  • コスパがいい
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

Intelの最新世代CPU「Core i5-14400F」を搭載したドスパラのミドルスペックゲーミングPC。

GPUには「RTX 4060 Ti」を採用しており、フルHD環境なら平均110fpsは確保でき、タルコフを快適にプレイできます。

また、電源スイッチなど頻繁に使用するインターフェイスがケース前面上部に取り付けられており、アクセスがしやすいのもポイントです。

タルコフはメモリ容量を食うゲームなので、メモリを16GBから32GBにカスタマイズすると、より万全にプレイすることが出来ます。

多くのゲーマーが使用しているフルHD環境に適した性能があるので、タルコフ以外のゲームもプレイしたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

最低限|ドスパラ GALLERIA RM5C-R35

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

低価格でタルコフをプレイできるゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-14400F
グラフィックチップRTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • 低画質設定ならタルコフを遊べるスペック
  • 価格が安い
こんな人にはおすすめしない
  • 144fpsでプレイしたい人

Intelの第14世代CPU「Core i5-14400F」と、エントリークラスのGPU「RTX 3050」を組み合わせたドスパラのコスパモデル。

タルコフを高画質でプレイするのは難しいですが、設定を調整すれば60fps以上でプレイできる性能はあります。

また、CPUは最新のCore i5-14400FなのでRTX 4060クラスのGPUに変更しても足を引っ張ることはないので、後から自分で交換することも可能です。

タルコフを手軽に遊んでみたい方や、高画質や高FPSを求めていない方にとってはコスパが良くおすすめのゲーミングPCになっています。 

配信向け|ドスパラ GALLERIA XA7C-R47TS

ドスパラ ガレリア XA7C-R47TS

WQHDでのプレイも狙える!RTX 4070 Tiを搭載したハイスペックゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
グラフィックチップNvidia RTX 4070 Ti SUPER
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源750W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最新のRTX 4070 Ti SUPERを搭載
  • WQHDでもタルコフをプレイできる
  • メモリが32GBと大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質でプレイしない人

IntelのハイスペックCPU「Core i7-14700F」を搭載したドスパラのゲーミングPCです。

GPUには最新のハイスペックモデル「RTX 4070 Ti SUPER」を採用しており、タルコフのフルHDなら140fpsでプレイが可能。

また、タルコフをより高精細なWQHDでも快適に遊ぶことができ、DLSSを使用すれば4Kでのプレイも視野に入ります。

メモリを32GB標準搭載しているのもポイントです。タルコフはメモリを多く消費するゲームなので、32GBあれば余裕が持てます。

WQHD以上の高解像度でタルコフや最新タイトルを快適にプレイしたい方におすすめのハイスペックなゲーミングPCです。

タルコフのゲーミングPCおすすめモデル|ゲーミングノートパソコン

ASUS ROG Strix SCAR 16 G634JZ

小型なのに高性能!ASUSの最新ゲーミングノートPC

おすすめ度:4.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-13980HX
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz14.0インチ/165Hz
本体サイズ幅354mm×奥行き264mm×高さ22.6~31mm
重量約2.5kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 大容量ストレージを採用
  • RTX 4080搭載の高性能モデル
  • デザインがオシャレ
こんな人にはおすすめしない
  • 特に無し

IntelのCPU「Core i9-13980HX」を搭載したASUSのハイスペックなゲーミングノートPC。

デスクトップ並みの高性能パーツを搭載しており、タルコフのフルHDなら問題なくプレイ可能。液体金属グリスや大型ヒートシンクを搭載した高い冷却性能で、長時間のゲームプレイも安心です。

長く使えるハイスペックゲーミングノートがほしい方におすすめのモデルです。

DELL G15 ゲーミング ノートPC

タルコフをノートパソコンで快適にプレイするならこのモデル

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13650HX
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/165Hz
本体サイズ幅357.30×奥行き272.11×高さ26.90mm
重量約2.519kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 高画質設定でも快適にプレイ可能
  • ゲーム部屋にマッチするLEDライティング
こんな人にはおすすめしない
  • 軽量なモデルがほしい人

Intelの第13世代CPU「Core i7-13650HX」、GPUには「RTX 4060」を搭載したDELLのゲーミングノートPCです。

ディスプレイは15.6インチのフルHD、リフレッシュレート165Hzに対応。気になる本体重量は、約2.5kg以上なので、据え置きで使いたい人に向いています。

本体後方部に接続端子が揃えられており取り回しがしやすく、テンキー付きで普段使いにも便利なマルチで活用できるゲーミングノートPCです。

ドスパラ GALLERIA XL7C-R46H-6

ドスパラ ガレリア XL7C-R46H

165Hzに対応したドスパラのミドルスペックゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700H
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行き247×高さ20mm
重量約2kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 高リフレッシュレートに対応
  • fps優先・画質優先どちらの用途でもOK
  • スタイリッシュなデザインで普段使いにもおすすめ
こんな人にはおすすめしない
  • WQHD以上のディスプレイでプレイしたい人

XL7C-R46H-6は、第13世代CPU「Core i7-13700H」とミドルクラスGPU「RTX 4060」を搭載したバランスの良いパーツで構成されたノートPCです。

ディスプレイは16インチで、165Hzの高速リフレッシュレートに対応。解像度はフルHDより縦に少し広いので一度に閲覧できる情報が多くなっています。

また、薄さが20mmながら接続ポートも充実しており、ボディはマグネシウム合金を採用した耐久性に優れているのもポイント。

大容量バッテリーにより最大駆動時間が7.1時間と充電を気にすることなくゲームに没頭できるので、場所に囚われずに気兼ねなくゲームをしたい人にとっておすすめのゲーミングノートPCです。

タルコフのスペックでよくある質問

タルコフとAPEXどっちが重い?

タルコフとAPEXを比較した場合、タルコフのほうが断然重いです。

Apexの場合、RTX 3060 TiなどのミドルスペックGPUでも180~200fpsを狙えますが、タルコフの場合は100fpsを切るか切らないかぐらいのフレームレートしか出ません。

そのため、タルコフを快適にプレイしたい場合はある程度のスペックがあるゲーミングPCを選ぶ必要があります。

タルコフで60fpsしか出ない原因は?

タルコフに限らず、ゲームでfpsが上がらない主な原因はGPUの性能不足です。

ただ、タルコフでfpsが上がりづらいのは未だにβ版なので、GPUの最適化が進んでいないことも影響しています。

RTX 3070以上のGPUでは、解像度をフルHDからより重いWQHDに変えても、fpsがあまり変わらないこともあるくらいです。

基本的にタルコフはfpsが出づらいですが、RTX 3060 Ti以上のGPUを搭載しても60fpsしかでない場合は、モニターのリフレッシュレート設定が60Hzになっている可能性もあるので確認してみてください。

タルコフの最高フレームレートは?

タルコフは仕様上144fpsが最高上限に設定されています。

ハイグレードなグラボだと性能が無駄になるという懸念点が発生しますが、NVidia GeForce系のグラボだと、「NVidia Reflex ローレイテンシー」という機能を使って上限値を撤廃することができます。

タルコフの価格はいくら?どうやって購入する?

2024年2月現在、タルコフは公式サイトでしか販売されていません。SteamやEpic等のプラットフォームから購入することはできないので注意しましょう。

タルコフは4つのエディションが展開されており、最も安いのはスタンダードエディションで50ドルです。

同梱されている特典によって価格が異なりますが、価格が高いほど収納スペースやボーナス装備に差がつきます。

ある程度有利にゲームを進めたいのであれば、最初から価格が高いエディションを選ぶのもひとつの方法です。

タルコフの推奨fpsは?

タルコフを快適にプレイするのであれば最低でも100fps、できれば常時144fpsを維持できるスペックを目指しましょう。

タルコフはβ版(開発中)ということもあり、動作に不安定な点もあります。安定したゲームプレイには、できるだけスペックに余裕を持たせることも大切です。

よかったらシェアしてね!

監修者

たぶーらのアバター たぶーら 運営者

ゲーミングPCやゲーミングデバイスのレビューを専門とする『だらメモろぐ』運営者。ApexなどのFPSゲームが好きなゲーマーでもあります。2018年からライターとして活動を開始し、2020年からは大手メディアのライターに転職。執筆で生活しています。
『プロフィールはこちら』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次