2024年6月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

【実際どうなの?】中古ゲーミングPCのおすすめ|注意点やメリット・デメリットなどを解説

当ページには広告が含まれています。

低予算で購入できる中古ゲーミングPCは、安さを求める方に人気。

一方で、保証・品質の問題は大きく、長い目で見て本当にお得かどうか判別する知識が必要になります。

本記事では、中古ゲーミングPCのメリット・デメリットをわかりやすく解説しました。

中古ゲーミングPCを買う際におすすめなサイトも載せています。

なお、2024年最新のゲーミングPCのおすすめモデルを探している方は、下記記事を参考にしてみてください。

2024年6月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45-5 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 194,980円(税込) 170,980円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-14400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

中古ゲーミングPCでApexやフォートナイトはできる?

Apex Legendsは中古ゲーミングPCでもプレイできる

PCゲームには、それぞれ必要動作環境と推奨スペックが設定されています。

Apexとフォートナイトの必要・推奨スペックをクリックで見る

Apex Legendsの場合

DirectX 11 必要動作環境

OSWindows 10 64ビット版
CPU
  • Intel Core i3-6300 3.8GHz
  • AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPU
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • Radeon HD 7730
  • GPU RAM1GB
    ストレージ75GB以上の空き容量

    推奨動作環境

    OSWindows 10 64ビット版
    CPUIntel i5 3570Kおよび同等品
    メモリ8GB
    GPU
    • Nvidia GeForce GTX 970
    • AMD Radeon R9 290
    GPU RAM8GB
    ストレージ75GB以上の空き容量

    フォートナイトの場合

    必要スペック

    CPUCore i3-3225 3.3GHz
    内蔵GPU
    • インテルHD グラフィックス 4000
    • AMD Radeon Vega 8
    メモリ8GB RAM
    OS
    • Windows 10 64-bit
    • Mac OS Mojave 10.14.6

    推奨スペック

    CPU
    • Core i5-7300U 3.5GHz
    • AMD Ryzen 3 3300U
    • または同等のプロセッサ
    グラボ
    • Nvidia GTX 960
    • AMD R9 280
    • または同等のDX11対応GPU
    ビデオメモリ2GB VRAM
    メモリ16GB RAM以上
    ストレージNvme SSD
    OSWindows 10/11 64-bit

    クオリティプリセット最高スペック

    CPU
    • Core i7-8700
    • AMD Ryzen 7 3700X
    • または同等のプロセッサ
    グラボ
    • Nvidia RTX 3070
    • AMD Radeno RX 6700 XT
    • または同等のGPU
    ビデオメモリ8GB VRAM以上
    メモリ16GB RAM以上
    ストレージNvme SSD
    OSWindows 10/11 64-bit

    中古ゲーミングPCでも最低限のスペックが備わっていれば、ゲームは問題なく起動できます。

    ただし、なめらかな映像で快適にプレイしたいとなると、性能不足な面が目立ってくることも。

    画質やfpsを向上させようとすると、それだけスペックや価格の高いゲーミングPCが必要になってきます。

    自分の要望に対して、どのくらいまで予算を許容できるかをよく擦り合わせて選ぶようにしましょう。

    中古ゲーミングPCのメリット

    本体価格自体は安い

    中古ゲーミングPCを選ぶ大きなメリットとして、そこそこ新しいミドルクラスのゲーミングPCを安く買える可能性があるという点が挙げられます。

    特にグラボやCPUの新製品が発表されるタイミングやセール後など、買い替えが多い時期は中古パソコンの取り扱いが増える傾向に。

    スペックやパーツの消耗など、慎重にチェックしなくてはならない部分も多いですが、安価にパソコン本体を手に入れられるチャンスもあります。

    中古ゲーミングPCのデメリット

    コスパの良いモデルを見分けるのが難しい

    中古ゲーミングPCとして販売されているモデルには、旧世代のCPUにグラボを搭載しただけの、ゲームプレイには使えないようなパソコンも少なくありません。

    ゲーミングPC人気もあり、ある程度新しくてスペックの高いモデルは、新品とさほど変わらない価格で販売されることもあるため、中古を選ぶメリットはほとんどなくなってしまいます。

    数ある流通経路の中から自分の要望と予算に合致し、コストパフォーマンスの高いモデルを見つけ出すのは、パソコンの知識がある人でも非常に難しいです。

    保証期間が数ヶ月しかない

    新品のゲーミングPCの保証期間が1年、有料プランなどを使用すれば5年ほどあるのに対し、中古のゲーミングPCは保証期間が1か月~数ヶ月と非常に短くなっています。

    メルカリやヤフーオークションなどの個人売買の場合、最初から「ノークレームノーリターン」と記載されているものも多く、保証そのものがない商品のほうが一般的です。

    中古ゲーミングPCは経年劣化しているパーツを使用しているため、数カ月で故障してしまうものも珍しくありません。

    保証が短い中古ゲーミングPCは故障するリスクも高くなるため、トラブル対応が難しいのであれば避けたほうが無難です。

    型落ちモデルが多い

    中古ゲーミングPCとして販売されているものの大半は、いわゆる型落ちと呼ばれる古いモデルがほとんどです。

    型落ちの中でも当時のハイスペックPCであれば、今でも十分使えるものもあるため、必ずしも古いモデルが悪いわけではありません。

    しかし、中古ゲーミングPCの大半は、価格は安いもののスペックが低すぎるものや、最新ゲームと仕様が合っていないものが多いのも事実です。

    うまく掘り出し物を見つけるには、グラボやCPUの世代が古すぎないか、メモリは足りているかなどのハードに関する知識が求められます。

    中古ゲーミングPCが買えるおすすめのサイト

    Amazon

    Amazonでも、中古ゲーミングPCが販売されています。

    Amazonは個人よりも業者が多い傾向にありますが、価格とスペックが見合っていないモデルが混じっていることには変わりありません。

    Amazonの認定した出品者が整備やクリーニングを行ってから販売するAmazon Renewedであれば、最低180日の保証がついてきます。

    ただし、グラボなどが搭載されているゲーミングPCはあまり出回っていないのが現状です。CPUの型番が正確に掲載されていない場合もあります。

    信頼のおける業者から購入するか、よほど欲しいモデルが格安で出ている時以外、利用するメリットはあまりないと考えて良いでしょう。

    Amazon公式はこちら

    楽天

    楽天市場は多くのショップが出店する、ネット上のショッピングモール的な立ち位置です。

    そのため中古ゲーミングPCの価格や保証などのサポートは、それぞれのショップによって異なります。

    きちんとメンテナンスした中古ゲーミングPCを適正価格で販売しているかは、ショップの信頼度次第です。

    ただ、楽天市場は楽天ポイントや楽天ペイなど、さまざまなサービスや決済システムを展開しているので、セールやキャンペーンに合わせて購入すればポイントが溜まるなどのメリットもあります。

    欲しいモデルがセール対象になっているのであれば、選択肢に入れるのもひとつの方法です。

    楽天公式はこちら

    ドスパラ

    ゲーミングPCメーカーとしても人気のドスパラでは、中古パソコンの買取・販売にも力を入れています。

    ドスパラの特徴は豊富に選べるラインナップと、専門店ならではの技術で厳重に行われる動作チェックです。

    最新ゲームの必要動作環境を満たすシンプルなパソコンから、過去にハイエンドマシンと呼ばれていたスペックのモデルまで予算と使い方に合わせて選ぶことが可能。

    追加料金を支払うことで保証期間を1年に延長できるのも、大きなメリットといえます。

    中古ゲーミングPCにはリスクがつきものとはいえ、ある程度の安心は欲しいと考える方におすすめです。

    ドスパラ公式はこちら

    パソコン工房

    パソコン工房も中古パソコンを販売をしています。

    ゲーミングPCは使い続ければホコリがたまるので、メンテナンスが必要です。しかし、個人売買される中古パソコンやPCパーツは掃除されていないことも稀にあります。

    パソコン工房は専門のスタッフが中古パソコンのクリーニングと整備を行ってから販売しているため、安心して購入できるのがメリットです。

    ただ、同じゲーミングPC専門店のドスパラと比較するとラインナップが弱く、数世代前のモデルが多くなっている点と、モデルによっては保証期間が1ヶ月と短いというデメリットも。

    RTX 3000シリーズを搭載した中古パソコンが販売されていることもあるので、ドスパラと見比べながら掘り出し物を探すために利用しましょう。

    パソコン工房公式はこちら

    メルカリ

    メルカリは月間ユーザー2,000万人超ともいわれる人気フリマアプリですが、質の良い中古ゲーミングPCを見つけるのは至難の業です。

    中古パソコン自体は多数出品されていますが、価格とスペックが全く見合っていないものや、どのように使われていたのか情報が不足しているものも少なくありません。

    個人同士のやり取りが基本なので保証や返金がほぼなく、初期不良や故障が起きた際に自分で対処しなければならないという問題もあります。

    欲しいモデルやスペックが決まっており、適正相場も分かっているという場合以外、メルカリで中古パソコンを購入するのは避けたほうが無難です。

    メルカリ公式はこちら

    ヤフオク

    ヤフオクは個人間の売買ツールとして、メルカリよりも昔から人気を集めています。

    中古ゲーミングPCの出品はそれなりに多く、オークションという形式を取るため、希望価格で欲しいモデルを手に入れられる可能性はあります。

    とはいえ、最新に近いモデルはほぼ出品されず、数世代前のものがほとんどだと考えましょう。

    ヤフオクもメルカリと同じく個人間の取引となるため、保証や返金にはまず対応してもらえません。万が一、購入後すぐに故障してもらったとしても自己責任で対応する必要があります。

    ヤフオクを利用する場合は個人売買のリスクをどこまで許容できるか、事前によく考えておいてください。

    ヤフオク公式はこちら

    中古ゲーミングPCを選ぶ際の注意点

    相場をチェックしよう

    中古ゲーミングPCは、相場を把握して適正価格なのかチェックすることが重要なので、入念な情報収集が欠かせません。

    まず、必要なスペックを整理して、どのくらいの価格で販売されているのか調べましょう。

    保証期間やアフターケア、送料なども含めて複数の通販サイトを総合的にチェックしていくのがポイントです。

    ただし、必要なスペックを決めるには、パーツに関する知識が必要になります。

    正確な予測を立てるのは難しい部分もありますが、いくつか見ていくうちに大体の相場感がつかめてくるでしょう。

    パーツをチェックしよう

    CPUはCore i5やCore i7の第11世代以降

    CPUは中古ゲーミングPCの性能に大きく影響するパーツのひとつです。

    現在流通しているCPUにはIntel製とAMD製があり、新しいものが登場するたびに〇〇世代と数字がひとつずつ進んでいきます。

    例えば、「Core i5-12400」というCPUはハイフン後ろの「12」が世代となるので、「第12世代」です。

    AMD製のRyzenも、Ryzen 5 3600のように第3世代までは同じ読み方ができましたが、現在は世代番号とCPUのナンバリングが一致しなくなっているので、少し分かりづらくなっています。

    基本的には「Core i5」や「Ryzen 5」の後に表記されている数字が大きくなると、新しくて、性能が良いCPUだと考えましょう。

    格安ゲーミングPCは数世代以上前のCPUを搭載していることも多く、あまりにも古いモデルだとゲームの起動自体ままならない可能性もあります。

    CPUはグラボのスペックと合わせて選ぶ必要がありますが、最新ゲームをプレイするならIntel製なら最低でも第11世代以降のCore i5やCore i7

    AMD製なら第3世代以降のRyzen 5を目安にして選ぶことをおすすめします。

    GPUはGTX 1600シリーズ以上

    ゲーム画面をなめらかに描画して快適にゲームをプレイするためには、グラボの選択が非常に重要です。

    中古ゲーミングPCを購入する際はできるだけ予算を抑えたいところですが、グラボは最低でもGTX 16シリーズ以上を搭載したモデルを選ぶようにしましょう。

    GTX 16シリーズはエントリーモデルですがコストパフォーマンスが高く、最新ゲームを一通りプレイするのに問題ない性能を備えています。

    このシリーズ以上のスペックを備えていれば、ある程度スムーズなゲームプレイが可能です。

    メモリは16GB以上

    CPUやGPUの性能を十分に引き出すには、メモリの容量にも気を付ける必要があります。

    中古ゲーミングPCの中には、8GBしかメモリが搭載されていないモデルも散見されますが、ゲームプレイには不十分です。

    メモリが足りていないと画面がカクついたり、ひどい時はクラッシュしてゲームが続けられなくなってしまうことも。

    メモリはあとから追加することもできますが、そうなると割高ですし中古ゲーミングPCを購入するメリットも薄れてしまいます。

    最初から16GB以上のメモリが搭載された中古ゲーミングPCを選びましょう。

    電源ユニットにも注意が必要

    ゲーム性能に直接関わらないため、軽視しがちですが電源ユニットにも気をつけなければいけません。

    中古ゲーミングPCなら、電源ユニットは必ず消耗しているパーツです。場合によっては質の良くない電源ユニットを搭載している可能性もあります。

    搭載されているグラボの推奨電力を満たした容量の電源ユニットが組み込まれているか、必ず確認しましょう。80PLUS認証を通っているのが理想です。

    電源ユニットはゲーミングPCの心臓部にあたるので、異常が起こるとほかのパーツを巻き込むこともあるため、自分で交換できたほうが安心できます。

    OSも確認しておこう

    中古のゲーミングPCを購入する場合、必ずOSについての情報があるか確認しましょう。Windows 10か、Windows 11がインストールされていれば大丈夫です。

    メルカリなどの個人売買サイトだと、商品説明にOSの情報が載っていない場合が稀にあります。

    大抵は出品者の記載忘れなので、気になる中古ゲーミングPCがあってもOSについて書かれていなかったら購入する前に質問してみましょう。

    また、Windows 7などのOSは既にサポートが終了しているので避けるのが無難です。

    ゲーミングPCを譲ってもらう場合

    赤の他人と対面しての個人売買はリスクも高いのでおすすめしませんが、友人や知人からゲーミングPCやPCパーツを譲ってもらう場合も注意が必要です。

    無料で譲ってもらったならまだしも、友人から中古のゲーミングPCを買って、万が一なんらかの不調が起きたらトラブルに発展する可能性もあります。

    お互いに中古のゲーミングPCに関する知識があり、故障や不具合が起きても自己解決できる場合以外は、譲ってもらうのは避けましょう。

    メルカリやヤフオクの場合は状態を確認しよう

    ゲーミングPCに限らずパソコンは使っていれば必ずホコリが溜まります。

    ドスパラやパソコン工房ならメンテナンスをしてから中古パソコンを販売しますが、メルカリやヤフオクだと出品者が掃除をしたかどうかは分かりづらいです。

    最低限の掃除をしないで出品している可能性もあるので、メルカリやヤフオクを使う場合はパソコン内部の写真が載っているか、状態の説明が書かれているかなどよく確認しましょう。

    中古ゲーミングPCのよくある質問

    リファビッシュPCとはどういうもの?

    リファビッシュPCとは展示品やサンプルなどで短期間使われていたPCを、クリーニングやパーツチェックしたうえで再度販売することです。

    「中古整備済」や「修理再生品」と表示されているものもありますが、意味はほぼ同じです。

    在庫が流動的なのでほしいモデルが決まっている場合には向きませんが、使用歴が短いので掘り出し物が見つかることもあります。

    中古ゲーミングPCの総評

    中古のゲーミングPCを初心者が買うのはリスクが多く、積極的におすすめはできません。

    CPUやGPUの型番を読んでも、性能のグレードや世代が分からないと、安く買うつもりが損をしてしまう可能性もあります。

    中古のゲーミングPCを買うなら、ドスパラやパソコン工房のようなゲーミングPCメーカーを選ぶのが無難です。

    メルカリなどの個人売買サイトはリスクが非常に高くなるので、自作ができるくらい知識がつくまでは避けましょう。

    よかったらシェアしてね!

    監修者

    たぶーらのアバター たぶーら 運営者

    ゲーミングPCやゲーミングデバイスのレビューを専門とする『だらメモろぐ』運営者。ApexなどのFPSゲームが好きなゲーマーでもあります。2018年からライターとして活動を開始し、2020年からは大手メディアのライターに転職。執筆で生活しています。
    『プロフィールはこちら』

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次